この設定記事はWindows 7でSoundBlaster使用者を対象にして書いてあります。

AVAの音の設定でしなければならないことは3つ。

・OS側でスピーカーをステレオに設定する。
・ALchemyを導入する。
・イコライザおよびサウンドカードの設定をする。



1.構成をステレオにする。
右下のタスクバーにあるスピーカーのアイコンを右クリックして再生デバイスを開きます。

otogazou1.jpg

再生デバイスのなかのスピーカーをクリックして、構成をクリック。

otogazou2.jpg

ステレオにしたら次へ、次へ、完了です。


2.ALchemyを設定します。
Danger Line – AVA Creative ALchemy 設定

まずALchemyをダウンロードしましょう

http://jp.creative.com/support/downloads/

このリンクから自分のOSにあったものを選びALchemyをダウンロードしインストールします
インストールし起動するとこの様な画面になります

ALchemys.png

※画像にはすでに登録済みです

下の方にある追加ボタンを押してAVA用のプロファイルを追加しましょう
そして画像のように設定します

Alchemy_profiles.png

<レジストリパスの使用>
HKEY_CURRENT_USER\Software\gameon\Pmang\AVA\location
<インストールするサブフォルダ>
Binaries\

バッファ:5
時間:10
最大ボイス数:128

OKをおして閉じたら必ず右側のALchemy対応ゲームに移動させることを忘れないようにしましょう
このあとAVAを起動して音の聞こえ方が変わっていれば完了です



その上で
3.イコライザーを設定する。
AVA Sound Blaster X-Fi Titaniumのセッティングを理解する【ゲーム音の周波数特性】

今回、ゲーム内の音として測定するのは

【足音】土/金属/草/石
【C4関係】取り出す/スイッチ/クリック/アラート

この8つになります
おおよそゲーム内の重要な音ということでチョイスを行いました
では早速測定していきたいと思います

【足音】
土:900Hz
金属:420Hz
草:32Hz
石:32Hz

【C4関係】
取り出す:500Hz
スイッチ:6100Hz
クリック:1950Hz
アラート:5400Hz

この結果からAVAでの周波数のキモは32Hz/400Hz/500Hz/900Hzとなります
そしてこれをイコライザーの設定に反映させるわけですがイコライザーを設定する上で一番大切なことがあります

ほしい帯域をゲインするのではなくいらない帯域をカットする

理由は幾つかありますが基本的にイコライザーをいじるとノイズが増えます
ですので基本的にイコライザーをいじるのはゲームしかり音楽然りいらない帯域をカットする方向で調整するべきです
これは本当に大切なことなので必ず覚えて欲しいです
それで音量が足りなくなったらゲーム内で音量をあげればいいのです
とはいっても結局自分の好みなので気に入らなければガンガン上げても構わないのですがw

EQ_settings.png
31Hz/500Hz/1KHz/4KHzを中心に他をカットする

つまりいいたいのは

・キモの周波数を決めてそれ以外をカットする
・最終的には自分の耳で聞こえやすいように調整する


この2点です


イコライザに関しては、AVA強者のイコライザ設定とヘッドホンも参考にしてください。

音の設定に関してはヘッドホンの周波数特性や個人差もあって
一概にこれが最強!ていう設定はありません。
とりあえずこんな感じに設定しといて、あとから自分の聴きやすい設定を探してみてください。