YouTube_logo-old

ニコ生に比べて、Youtube配信のメリットは?

・設定が簡単
・画質が良い
・時間制限がないため何度も枠を取り直す必要がない
・プレミアム会員である必要がない
・だれでも配信中の巻き戻しやタイムシフト視聴が可能
・URLを教えた人だけが見れる身内用の限定公開配信ができる

デメリットは?

・コメントするにはアカウント登録が必要
・コメント読み上げができない

Youtubeの設定

アカウントの登録を行い、クリエイターツールのチャンネルから『スタータスと機能』を開きます。
ライブイベントの項目で”有効にする”のボタンがあれば、画像のようにしておいてください。

2015-08-04_06-23-50

公開配信をしたい方へ

ライブダッシュボードの『今すぐストリームを開始』を開きます。
2015-08-04_06-44-06

その中のストリーム名/キーの表示ボタンを押し、コピーします。

2015-08-04_07-16-05

OBSの詳細設定でモードとサービスを選択し、ストリームキーを貼り付けます。

2015-08-04_07-41-13

配信開始をクリックすれば配信が開始されます。

 

身内配信をしたい方へ

ライブダッシュボード機能はまだベータ版で、公開状態の配信しかできません。
身内用の限定公開で配信をするには『イベント』を開きます。

2015-08-04_06-54-05

新しいイベントのスケジュール設定をクリックします。

2015-08-04_06-55-07

現在時刻よりも前の時間を指定し、限定公開に設定し、予定を作成します。

2015-08-04_06-57-21

取り込みの基本設定で、ビットレートを選択します。
そして、ストリームキーをコピーします。

2015-08-04_07-16-05

OBSにストリームキーを入力してOKを押します。

2015-08-04_07-02-23

上部のライブコントロールルームに移動し、OBSで配信を開始します。

2015-08-04_07-04-02

OBSで配信を開始し、データ通信が確認されれば、”良好”と表示が代わり、プレビューボタンが押せるようになります。

2015-08-04_07-04-34

プレビューを行ったあとでストリーミングを開始ボタンを押すと配信が開始されます。

 

Open Broadcaster Softwareの設定

設定できる項目はたくさんありますが、使用するものは少ないです。
そのまま真似して設定すれば基本的にはOKです。

2015-08-04_07-16-13

プロファイルをいくつか作っておくことができます。

2015-08-04_07-16-19

ビットレートの大きさが負荷に直結します。
大きいほど綺麗な配信になりやすいです。
数値を変えつつ試してみてください。

2015-08-04_07-16-05

モード、サービスを選択し、コピーしておいたストリームキーを貼り付けます。

2015-08-04_07-16-30

解像度はAVAに合わせてあります。
これもどの数値がちょうどよいか試してみてください。

2015-08-04_07-16-37

自身が使っているデバイスに変更します。

2015-08-04_07-16-53

以前は入力する数値がありましたが、この設定では不要です。

2015-08-04_07-41-13

シーンを追加し、ソースでゲームを取り込めば設定は完了です。
配信プレビューをクリックすれば、どのように映るかテストできます。
配信開始をクリックすれば文字通り開始されます。