初期オペレーターはすべて解放されているエディションを購入したので、追加オペレーターをどんどん解除しています。

どんどんといっても追加オペレーターもぜんぶで20体いますから、ぜんぶをすぐにというわけにもいきません。すべて揃えたいというのなら、Year Passという8体まとめて解除できる課金アイテムを購入することになりそうです。

私は大会で使われるような強オペレーターだけ解放できればそれで構わないので、ちまちまとゲーム内マネーで解放を進めています。

優先して購入した追加オペレーターについて

第1に、Miraです。
Season8でBAN筆頭候補、Season7でもピック率が圧倒的に高いオペレーターです。特殊能力はブラックミラーで、簡単に言うとマジックミラーです。相手からは黒い壁に見えるけれども、こっちからは透明な貫通しないガラスみたいになっているので、敵が通りたい場所を抑えるのに役立ちます。野良でも貼っておくだけで味方も守りやすくなるので良いです。ただ変なところに貼ると逆に敵に利用されてしまうリスクもあるので、大会でどこに貼っているかを確認して覚えるという感じです。

次に、Lionを購入しました。
これは発動後の5秒間に動いた敵を動いているあいだだけリアルタイムで位置表示してくれるという簡易ウォールハックです。大会でのピック率が90%くらいありました。ただ5月に弱体化されたせいか、今ではあまり使われていません。また、野良では味方とあまり連携が取れず、敵が動かなければならない状況を作れるのが設置後くらいしかないのでちょっと不便です。銃も使いやすいわけじゃないので、買わなくて良かったかなあという感じです。

それから、Hibanaを購入しました。
ThermiteやAshと少し似ているのですが、どれとも似て非なるものです。Hibanaは強化壁を破壊できるのですが、同じように強化壁を破壊できるのはThermiteだけです。Thermiteは壁に張り付いて爆弾で壁を通過できるようにするのに対し、Hibanaは離れたところから強化壁に横長の穴をあけて射線を通すことができます。大会でのピック率も高い上、ふだんプレイしているとHibanaを持っていれば便利だろうなというシーンがいくつかあったため解放しました。まだそれほど使いこなせていません。

4体目に解放する分のゲーム内マネーは貯まりましたが、どれにするかは考え中です。プロリーグでよくピックされたりBANされたりしているところから考えると、Echo、Dokkebi、Valkyrie、Zofia、YING、Lesionあたりでしょうか。新しく追加されたAlibiやMaestroも使い方によっては非常に強力っぽいです。

今のところ、守り側のオペレーターは割と充実していて、Smoke、Bandit、Jager、Miraと4体は定番のオペレーターが揃っているので、味方に合わせてマップや設置場所にあわせてCastleやPulseも使えることを考えれば不足はありません。

なので、攻め側のDokkebi、Zofia or YINGが有力候補となってます。こっちのがいいよ!ってのがあったらまた教えてください。