FINKA

  • アドレナリンサージの持続時間を減少 20秒⇒10秒
  • スタングレネード ⇒ フラググレネード
  • スモークのガスキャニスターへのダメージ調整
  • アドレナリンサージ中のADS速度効果を減少 50%⇒25%

使用率が低い割に勝率の高い部分の修正です。HPブーストが20秒間続くというのは強すぎたので、効果時間を短くすることで使用するタイミングをプレイヤー側で考えてもらうようにしました。

またフラググレネードを持たせることで明らかに強いとまでは言えないまでも選択する余地を残しました。

Finkaのプロリーグで使用頻度が低い理由の1つに、アドレナリンブーストの効果時間中はSmokeのガスダメージを2倍食らってしまうというものがありました。ガスのカウンターとしての効果を残しつつ、ダメージ量を減らす調整を行います。

IQ

  • フラググレネード ⇒ クレイモア
  • 電子機器の探知範囲を縮小 20m⇒15m

現状のIQは突破力も能力も高すぎます。まず、足3のオペレータにしては非常に強力な銃を持っています。そのせいで敵を倒すということにも強みを発揮しています。それを示す例として、プロリーグではValkyrieやEchoがBANされた状況であっても、IQが選ばれてしまうことからもわかります。それくらいどんなシチュエーションでも対応できてしまう状態です。

BLACKBEARD

  • MK17のダメージ増加 42⇒49
  • SR-25のダメージ減少 72⇒61
  • ライフルシールドの耐久ダメージを低下 60⇒50
  • ライフルシールド装備中の移動速度30%アップ

Blackbeardはいい位置の強さを保っていますから、これ以上強くしたいとは思いません。この変更で使い勝手を良くして少し使用頻度を上げるのが狙いです。武器はSR−25が使われすぎているので、MK17も使ってもらえるように調整します。

GLAZ

  • OTS-03のダメージ減少 85⇒71

Glazはどんな状況でも強く、プロリーグでも強すぎて異常なPICK/BAN率となっています。ダメージを減らし、もう少し状況に応じて選ばれるようにします。

TWITCH

  • FAMASのダメージ減少 40⇒37

Twitchはランクで60%のピック率を誇ります。Ashはそれ以上です。現状では他のオペレータのためにピックされるというのが常となっていて、それを解消したいとは思いますが強さとプレイする楽しさを失わせたくはありません。TwitchやAshのように他のオペレータも同様に楽しんでもらいたくて、他のオペレータにも挑戦してもらえるようにマイナーな変更を加えることにしました。

JACKAL

  • 足跡スキャン可能範囲拡大 5m⇒8m

少し弱いことが原因なのか、ピック率が低くなっています。Jackalを楽にプレイできるように、敵の足跡をスキャンするリスクを少し減らします。

FROST

  • SMGダメージ増加 43⇒45
  • Super 90ダメージ増加 32⇒35

Frostは明らかに弱く、強化することはもちろんプレイしていて楽しいと感じてもらうことが急務です。FrostのSMGは扱いが難しいので、それに見合ったダメージにします。Shotgunにおけるダメージも同様に上昇させます。

まだ調整の余地はあると考えていて、他のオペレータ同様、もっと実用的にしたいのですが、もう少し時間をかけさせてください。

DOKKAEBI

  • クレイモア ⇒ スタングレネード

Dokkaebiはスモークグレとクレイモアを持っていて、ふつうは難しい状況でもこれでは簡単に対応できてしまいます。Maestroの登場で防衛側のカメラが増え、さらに強くなってしまいました。

BARBED WIRE

  • 移動速度低下を強化 45%⇒50%

有刺鉄線はもっと実用的であるべきだと考えています。もっと頼りになるように若干の変更を加えます。破壊するのに2回の攻撃が必要なのは変わりません。

CURRENT STATUS

ALIBI

Alibiはランクで猛威を振るっているように見えますが、プロリーグの最初の数週間ではあまり使われていません。どう調整するかはもう少し時間をかけてデータを集めてからにします。

MAESTRO

ランクでもプロたちのプレイでもMaestroが力を発揮していて本当に嬉しいです。Maestroはプロリーグでは少し強すぎるとさえ言えるかもしれませんが、判断するには時期尚早です。Alibi同様、時間をかけて判断します。

ASH, TWITCH, JAGER, BANDIT

この4体のオペレータは、非常に高いピック率を誇っています。しかし壊れているというほどの強さはありません。今回のアップデートではこれら4体と同様に、他のオペレータも使っていて楽しいと思えるように調整することに焦点を当てています。

FROST AND KAPKAN

KapkanとFrostはタンデムするチームメイトのように一緒に勝率が上がったり下がったりしていて、ここ数パッチのうちにアップデートしたいと思っていました。想像に難くないのですが、2人とも罠を仕掛けるタイプです。調整しようにも何がこのコンビに大きな影響を与えてしまうのかまだ確信が持てていません。引き続き注視していくつもりです。

CASTLE

Castleには大きな調整を加えるつもりですが、今回は時間が足りませんでした。

さいごに

ぱっと見で意訳したので誤訳があるかとは思いますが参考にはなるかと思います。