【PUBG】Severnyの特徴・物資量・車両湧きポイントなど

特徴

北端に位置するこの町は、ところどころに柵や壁が張り巡らされてはいますが、基本的には家々が密集していてファームしやすい構造になっています。見晴らしがよい反面、そこそこの広さがあるために逆サイドから敵が来ると気付きにくいという点はマイナスです。

物資量車両湧き交戦確率
5段階評価352

物資量

町全体で2,3人分のアイテムを回収できます。近くに射撃訓練場や地下壕があり、海沿いに進んでもファームできる家群があるため、Squadでの選択肢にも入ります。2人でならパルスに飲まれないタイミングでファームを終えられ、射撃訓練場もファームしようとすると、少し飲まれるくらいの探索量です。

車両湧き


町の入り口、海沿い、射撃訓練場への道中およびその周辺と、車の湧きポイントが相当あり、1台も見かけないということはまずありません。

交戦確率

ルート上であれば降りるチームは間違いなくいるけれど、射撃訓練場や海沿いの過疎地ファーム組に分かれるため、思っているより交戦頻度は高くありません。射撃訓練場に降りた敵がいたなら、その後Severnyに来襲する危険が高いので、ファームはそこそこに警戒しておくとよいでしょう。

車でわざわざ行くチームは多くはないので、直では飛べないと感じた時には狙い目の町です。町内の北東部に位置するカフェはファームの人気物件なので、複数チームが降りてる場合には避けましょう。

強い家

ただでさえ人気のカフェ周辺に屋上付き2階建や3階建がいくつも集中しています。序盤の索敵や敵の来襲に備えるなら抑えておきたいところです。安地の場合にはそれらの物件に複数チームがこもることになります。そのため安地が外れると一気に交戦が起きて危険なので、後半になるにつれ強い家をあえて手放すという選択肢も出てきます。

ルート

車で向かった場合、射撃訓練場を経由して山を越えてGeorgopolの橋からGatkaへ向かうこともできるし、道沿いに走ってYasnayaやRozhokに向かうこともできるため、柔軟性に優れています。MilitaryBaseが安地になったときには非常に遠く、船での移動も困難なため注意が必要です。

コメント